ブラック企業から若者を守る働き方改革【公約、学び方改革その2】

働き方改革が叫ばれてるよね。

有給義務化で違反には罰金や、電車の混雑時には満員電車の回避のために、料金を高めにしたりと、良い事ではあるっちょ。

でも、それは上っ面なんだっちょ。

ブラック企業で苦しめられてる人は沢山いるし、ブラック企業が問題になって、10年以上も経つけど、解決できてない。

ブラック企業をなくす方法、強力かつカンタンな方法が1つある。

それは、会社を辞める事。

コレを言うと決まってこう返ってくる

それがカンタンにできたら苦労しない。
次のに仕事が決まらないから、なかなか辞められない。

日本全国、こーんなに人材不足なのに、何を言ってるのか。

これは、もう間違いなく原因がある。それは、

自信がないから!

辞めても次の仕事なんか山ほどあるのに、自信がない。

就活生と話す機会が多いんだけど、びっくりするくらい自信がない。

え!?何のために大学行ってたの?っていうくらい自信がない。

若い人もバカじゃないから、大学に行っただけでは通用しない事も分かってる。
なんなら、そもそも働きたくないって学生が多い。

これが、今の教育の現実なんだっちょ

大学を無償化してもさ、社会で通用する自信が身につかなかったら、そもそも教育の意味があるのだろうか。

塾で教えてた時に出会った算数が苦手な子は決まってこう答える。

僕はバカだから。

もう、自信を失ってるんだ。 でも、問題解いて、練習して、テストで点を取る事が出来れば、算数に自信がつく。僕は算数ができたってね。

社会で生きていくために教育があるんじゃないの?
社会で生きていくための自信を付けさせるのが教育じゃないの?

学歴は一部でしか自信として機能してない。

もっと若い人らに自信を持ってブラック企業なら辞めてやる。
自分は、こんな会社辞めても生きていける!って思わせる事が必要なんじゃないの?

そういう教育が必要で4月からもっちょさんは学校事業に入ります。

もっちょ高等学院

学校の勉強が嫌いな中学生が、デザインを覚えて、すでに企業からいくつも動画編集とかLINEスタンプの受注を受けている。 自分の稼いだお金でiPadまで買っている。

先輩も同様に不登校から通信高校に通い、もっちょさんと一緒にデザイン覚えて、今では卒業して起業している。

昔とは時代が違うんだ。進学、就職と進むだけが教育の道ではない。その道を進んで自信が持てないなら教育の意味がない。

ブラック企業だと思ったら辞める自信を身につける。

これこそが働き方改革の前にやるべき学び方改革なんだっちょ!

ちなみにもっちょさんの経営する会社で雇った新卒は20人くらいいたけど、みーんな辞めていった。

自信を持ってる優秀な若者だったっちょ。これでイイ。

終身雇用が終わった時代。会社も卒業したらイイんだ。

公約その3へ PTA問題の解決作

The following two tabs change content below.
もっちょさん
もうちょっとのもっちょさん。【学び方改革】働き方改革の前につまらない勉強をおもしろくするべきっちょ。もっちょ高等学院の校長!株式会社セブンコードの会長。番組プロデューサー。
もっちょさん

最新記事 by もっちょさん (全て見る)

関連記事一覧